株式会社 亘陽|KOYO

会社概要

会社案内

ご挨拶

株式会社亘陽(こうよう)は明るい陽の光が世の中すべての人に注ぎ亘りますようにとの願いを込めて、21世紀の幕開けの年、「温もり・優しさ・安全そして安心」をコンセプトに介護用入浴装置の開発を目的として創業致しました。

以来介護入浴装置「Re裸x(リラックス)」、日本初のJIS規格の性能を備えた木製車椅子「木楽微笑(きらっくす)シリーズ」、人工透析・化学療法用としても高い評価を頂いています多機能リラクゼーションチェア「ネルスワール」、そしてMRI(核磁気共鳴画像診断装置)やセキュリティゲート等にも安全・安心対応の完全非磁性体製品「アンクールシリーズ」、高反発マットレス・クッションの「エアフリード」等々を開発・製品化致しました。

これからも、「こんなものがあったらいいな」をカタチにして、多くの方々に優しい陽の光が注ぎ亘ることを念願し、微力ながら社会貢献の一端を担う企業としてモノづくりに精進して参ります。

株式会社亘陽 代表取締役 近藤 猛

会社概要

会社名 株式会社亘陽
所在地 〒448-0804 愛知県刈谷市半城土町芦池裏88番地
電話 0566-25-1545
FAX 0566-25-7337
メールアドレス master@ky-relax.com
資本金 1200万円
設立 平成13年12月21日

会社沿革

平成13年12月21日 介護入浴システムの開発を目的として創立。
平成14年 平成14年度、愛知県ベンチャー企業研究開発事業(14産技第110-6号)の認定を受ける。同時に木製車いすの開発に着手。
平成16年11月 (財)自転車産業振興協会の耐久性の試験(【走行耐久試験】使用者体重75kgで、直径250ミリのドラムに前側6ミリ、後ろ側7.4ミリの段差を装着し、20万回転(約157km)連続走行し、各部に破損、変形等の異常のないこと)を受け木製車いすとしては始めての異常なし。そのほかの試験も合格。
平成17年3月 木製車いす木楽微笑(きらっくす)販売開始。
平成17年7月 (財)自転車産業振興協会の耐久性の試験(【走行耐久試験】使用者体重100kgで、直径250ミリのドラムに前側12ミリ、後ろ側12ミリの段差を装着し、20万回転(約157km)連続走行し、各部に破損、変形等の異常のないこと)を受け「JIS T9201-1998」規格で木製車いすとしては始めての異常なし。
平成17年12月 木製車いす木楽微笑(きらっくす)TYPE-Ⅱ販売開始。
介護入浴システムRe裸x(リラックス)販売開始。
平成18年1月 MRI対応木製折りたたみ式車いす試作機
(財)自転車産業振興協会の耐久性の試験(【走行耐久試験】使用者体重100kgで、直径250ミリのドラムに前側12ミリ、後ろ側12ミリの段差を装着し、20万回転(約157km)連続走行し、各部に破損、変形等の異常のないこと)を受け「JIS T9201-1998」規格で折りたたみ式でも異常なし。
平成19年10月 介護入浴システムRe裸x(リラックス)自立支援タイプ、販売開始。
平成20年6月 木製車いす木楽微笑(きらっくす)2008モデル(木製電動車いす)販売開始。
平成21年4月 木製車いす木楽微笑(きらっくす)2009モデル(スタンダードタイプ・折りたたみタイプ)販売開始。
経済産業省主催「2009年元気なモノ作り中小企業300社」【キラリと光るモノ作り小規模企業部門に選定】
平成21年6月 多機能リラクゼーションチェアベッド(人工透析・化学療法などに対応)「ネルスワール」販売開始。
平成22年4月 「ネルスワール」のフットアップタイプが完成。
平成25年4月 「あいち中小企業応援ファンド助成事業」でメタルレス車いすとスケール付チェアベッドの開発に着手。
平成25年6月 「第59回日本透析医学会」の企業展示でスケールチェアのプロトタイプを発表。
平成26年5月 中部国際空港(セントレア)で木製車いすのトライアルでの使用を開始。
平成26年9月 メタルレス車いす、ストレッチャー、点滴スタンドが完成。
平成26年10月 TECH Biz EXPO 2014に出展。